ニュース

千葉県のららぽーとコロナ感染者の未申告で営業していた!いつから?どのお店?

ららぽーと コロナ感染者

新型コロナウイルス感染症の拡大、終息を期待するも被害は止まらない勢いで拡大中。

今回大手ショッピングモール「ららぽーと」で新型コロナウイルス感染が出たのに告知されていないというSNSが拡散され波紋をひろげています。

ららぽーとって言えば結構有名な巨大ショッピングモールですよね?

いつどこで感染?

どうして告知して休館するなどの対応がとられないの?

気になることを調べてまとめてみました。

千葉県のららぽーとコロナ感染者の未申告で営業していた!いつから?

2020年2月19日に千葉県にあるららぽーとTOKYO-BAY店で新型コロナウイルス感染者が出たようです。

感染者が出てしまうのは仕方のないことですが今回問題になっているのは運営側であるららぽーとの対応。

事の発端は内部告白という形でTwitterからだったようです。

該当のツイートはなぜか消されてしまったようなのですが千葉県にあるららぽーとTOKYO-BAY店でコロナ陽性反応が出たようですね。

感染拡大を阻止するためにも感染経路などを考え速攻しかるべき対応をすべき。

しかし2月19日にコロナ陽性反応が出たにも関わらず、ららぽーとTOKYO-BAY側は3月29日現在もホームページなどで告知もなく通常営業!

おいおい自粛ムードだというのに一体なぜ???




千葉県のららぽーとコロナ感染者の未申告で営業していた!どのお店?

Twitterの内部告白というかたちで発覚した今回のショッキングなニュース。

コロナの陽性反応が出たのは誰なのかはわかっていません。

またそれを特定する必要もないと思います。

問題はコロナ感染がわかったのに不特定多数を集める施設でありながら誠実な対応をとっているとはいえないららぽーと側の問題が大きいと思います。

大型施設ということで移動距離や行動範囲を考えても、館内に限らず全域と考えてよさそうですね。

消毒をしている現場を館内で働くスタッフが目撃している情報もあるみたいですね。

しかし告知もなく、営業もストップしないららぽーと側の運営にはスタッフも疑問の声が多いようです。

何も告知がないままではスタッフも相当不安の中での仕事だったのではないかと思います。

短縮営業でどうにかなる問題ではないという声が圧倒的に多いのに告知なしの短縮営業のみ。

コロナ感染者が出たということがわかっても商業施設が営業する以上休めないのはららぽーとに勤務する従業員全員。

休みたくても開館される以上休めない、悲痛な悲鳴です。

休館したショッピングモールの対応がどれほど英断か、今回の新型コロナウイルスの拡大ペースを考えると一目瞭然です。

消毒の信頼性もわからないので閉鎖するのが最善の拡大防止になると思うのですが告知もなく通常営業されていればこう思って来店するお客は絶えないでしょう。

火消しでウイルスは消えません。

実際営業をされていると、買い占めなどの現象も起きているのでこうして商業施設には大勢の人がおしかけてしまうのが現実です。




【まとめ】千葉県のららぽーとコロナ感染者の未申告で営業していた!いつから?どのお店?

新型コロナウイルス感染症の拡大は日々悪化し、できるだけ外出をしない程度では対処できないレベルになってきました。

経済破綻もささやかれる中での商業施設の運営は判断が難しい場合もあるのかもしれませんが、命あってこそ。

こんな時だからこそお客様と従業員の命を第一に考えて行動する誠実な企業であってほしいと思います。

地元に支えられているららぽーとTOKYO-BAY店には誠意ある対応を求めたいと同時に「大丈夫そう」と思って不要不急の外出はひとりひとりが控えましょう。

よく読まれている記事