ニュース

オリンピック中止の場合チケットの払い戻しは?いつから?方法は?

オリンピック観戦チケット払い戻し方法

新型コロナウイルスの感染拡大は世界中に広がり猛威をふるいつづけている。

大型施設やテーマパークの休園などから私たちの関心を集めたニュースはテレビから聞こえてくる大企業の遠い話ではなく

近所の飲食店や商業施設が次々閉店して、良く行くスーパーに新型コロナウイルスの感染者が出てきたり身近な問題だ。

「そのうち元に戻るだろう」と楽観視していた人ももうさすがに日本国内にはいないのではないだろうか。

そうなると気になるのは2020年夏に開催が予定されていたオリンピックの行方

そして驚きの倍率で販売されたオリンピック観戦チケットがただの紙切れになるのかどうか。

調べられることをまとめてみました。

オリンピック中止の場合チケットの払い戻しは?

払い戻しの前にオリンピックが開催されるのか中止になるのかが問題です。

 国際オリンピック委員会(IOC)ヴァイス・プレジデントのディック・パウンド氏が、“新型コロナのパンデミックが来夏までに十分に抑制されない場合、日本側は、さらなる延期はできないとIOCに言った”と、4月17日のカナディアン・ブロードキャスティング・コーポレーション(CBC)のインタビューで明かしたという。

「日本側は“我々は1年は延期できるが、1年以上は延期できない”と言った。2021年のオリンピックに間に合うように(選手たちが)準備できることを願うしかない」(パウンド氏)

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200423-00174766/

つまり1年以上の延期をせざるえなくなった場合、最悪オリンピック開催は中止される可能性が高いということです。

オリンピックをやってるような場合じゃないということでしょうね。

しかし今のところ日本政府もとい安倍首相はオリンピック中止には否定的。

新型コロナウイルスにてんやわんやの状態ではありますが、ぎりぎりまで延期という形で対策を講じているところです。

安倍首相としては経済効果含め任期中に何が何でも開催したいんでしょうね。

そのため日本オリンピック委員会(JOC)から公式に「オリンピックは中止です」というアナウンスが流れた場合にチケットの払い戻し問題が出てきます。

現在オリンピックは延期の状態なので今後中止が決定した場合、チケットの詳細が分かり次第追記したいと思います。




オリンピック中止の場合チケットの払い戻しはいつから?

オリンピック開催が中止になった場合、私たちが気になるのは正直チケットの払い戻しですよね。

まだ延期の状態なので公式アナウンスはありません。

日本オリンピック委員会(JOC)は1年は延期する予定のようなので早くてもチケットの払い戻しは1年後以降になるのではないかと思います。

また払い戻しに関しても一定期間を設けて余裕をもって行われると思うので、競馬のように中止になっても破いて捨てずチケットの管理は慎重に。

その倍率の異常な高さから入手がかなり困難で朝のニュース番組ではキャスターやタレントが実際に申請しリアルタイムで当選結果を待つ企画などありました。

私が見ている限りでは連日落選していたようでしたが笑

現在もまだオリンピック中止が決まったわけではないので各企業からはオリンピック観戦チケットを当てよう!」的なキャンペーンが多いですね。

延期の発表こそありましたが、本当に延期でどうにかなるものなのか正直不安ですよね。

当てるぞーーー!という気持ちで商品を購入していた人も「当たっても開催されるのかな」という複雑な気持ちに。

もちろん延期にともなって応募期間ものびています。

まだ中止されると決まったわけではないので可能性を信じてチケット当選信じて商品購入、経済をまわしますか!




【まとめ】オリンピック中止の場合チケットの払い戻しは?いつから?方法は?

オリンピックが日本で行われることが決定したときは活気に沸いた日本でしたが、まさか新型コロナウイルスでこうなるとはだれも予想していませんでした。

特にオリンピックを目指してきた選手の気持ちを考えるとつらすぎて何も言えません。

普段通りの生活ができず誰もがつらい思いを抱えて生活していますが敵はコロナウイルス!

敵はコロナウイルスですよ!

心がギスギスしてしまい些細なトラブルも増えているニュースを目にしますが大事な人を守るため外出自粛と徹底した手洗いうがいで乗り越えましょう。

よく読まれている記事