ニュース

マスオさん声優の代役は誰になる?ジャムおじさん役増岡弘さん死去

マスオさん声優の増岡弘さん死去

マスオさんの声優として長年愛されてきた増岡弘さん。

3月21日、直腸がんのため83歳で亡くなったことを26日所属の俳協が発表しました。

葬儀は家族葬で執り行われ、お別れの会は故人の意思により行わないそうです。

フジテレビ「サザエさん」のフグ田マスオ役。

「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役。

どちらも長年勤めただけにショックを受けるファンは多いのではないでしょうか。

どちらも人気ご長寿アニメであり、主要キャラクターであることから

代役は誰なのか?

増岡弘さんが声優をやった放送分はいつまでなのか?

調べてまとめてみました。

「サザエさん」マスオさん声優の代役は誰になる?

後任は声優の田中秀幸さん(68)で、3月25日放送分から“新マスオ”が登場しました。

増岡弘さんは「サザエさん」のフグ田マスオ役の2代目声優。

1978年6月11日から41年間もマスオさんの声で愛され続けてきたのです。

また「それいけ!アンパンマン」ではジャムおじさん役を88年から31年間の長きにわたり務めました。

生まれたての子どもが余裕で大人になるほどの年月。

国民的アニメとして子どもから大人までみんなが知っていて、学校の教科書にも掲載されました。

声を聴くだけで「マスオさんだ」「ジャムおじさんだ」となる偉大な声優さんです。

降板後すぐお亡くなりになったようで増岡弘さんがギリギリまでお仕事をされていたことがわかります。

この穴を埋める次の声優さんのプレッシャーは相当なものでしょう。




マスオさん声優の代役は誰になる?増岡弘さんがしゃべる最後の放送は?

増岡弘さんは「サザエさん」では3月18日の放送をもって最後となっています。

現在は新しいマスオさんを田中秀幸さんが勤めています。

最後の放送では食卓で笑いあうシーンや、ワカメちゃんに優しさを見せるなど最後までマスオさんらしさが随所に現れた回でした。

3月5日に高齢を理由にマスオ役と日本テレビ「それいけ!アンパンマン」(金曜前10・55、関東ローカル)のジャムおじさん役を卒業することを発表。

そのためインターネット上ではねぎらいの声や感謝の声があがりました。

直腸がんでお亡くなりになられたのはそのすぐ後なので本当に最後まで声優業を全うされたのですね。




マスオさん声優の代役は誰になる?ジャムおじさん最後の放送は?

増岡弘さんが声優を務めていた大人気キャラクターといえば子どもから絶大な支持を得ている総理大臣も黙る「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん。

ジャムおじさんもまた3月9日の放送が増岡弘さんの出演最後となっています。

年齢を理由に降板した直後ともいえる今回の悲報。

もともと体調が芳しくない日も続いていたようでフジテレビのバラエティー番組「有吉くんの正直さんぽ」のナレーションでは時折代役が立てられることもあったようです。




マスオさん声優の代役は誰になる?増岡弘さん死去、SNSの反応

サザエさんを見て大きくなりアニメを見る機会がなくなった人も多いためリアルタイムの声で気が付いた人やニュースで知った人も。

世代交代なんだな、と交代直後の悲報はつらいものがありますね。

あの声に癒された人は日本中にたくさんいます。

ずっと聞いていたい声でした。

大人は全員この声を聴いて育ったといっても過言ではないですよね。

マスオさんといえばこのセリフ!!芸人さんでも持ちネタにしている方がいたような。

現在は新しいマスオさんになっているのでアニメを見て違和感を覚えた人も。

すぐには馴染めないと思ってしまうのも仕方ないですよね。




【まとめ】マスオさん声優の代役は誰になる?ジャムおじさん役増岡弘さん死去

日本の国民的アニメはベテラン声優さんの高齢化がたびたび話題になります。

ずっと歳をとらないアニメのキャラクターと違い声優さんはしっかり歳を取る現実。

変わらない声にいつまでも続くような錯覚をしてしまいますね。

国民に愛された大人気キャラクターを支える新しい声優さんにエールを送りながら久しぶりに懐かしのアニメ見ませんか?

よく読まれている記事