ニュース

岡江久美子、乳がん手術で免疫力が下がっていたのは本当?新型コロナ重症化の要因?

岡江久美子

岡江久美子、乳がん手術で免疫力が下がっていたのは本当?新型コロナ重症化の要因?

2020年4月23日夕方、再び衝撃的なニュースが芸能界に走りました。

「はなまるマーケット」などのテレビ番組MCが知られていた女優の岡江久美子さんが、新型コロナウイルス感染により4月23日未明に亡くなられたと報道されました。

岡江久美子さんの新型コロナウイルス症状が悪化してしまった要因として、以前受けた乳がん手術の影響による免疫力低下が挙げられています。

乳がん手術と免疫力低下にどのような関係があるのでしょうか?調べてみました。

岡江久美子、新型コロナウイルス感染の経緯

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひざ山光輝(@hizayamasan)がシェアした投稿

まずは岡江久美子さんが新型コロナウイルスに感染した経緯をまとめてみました。

  • 4月3日:発熱があり、自宅療養。
  • 4月6日朝:急変したため緊急入院。PCR検査にて要請。
  • 4月23日朝:他界

新型コロナウイルス公表をされていなかったので、今回の訃報は本当に驚きでしたが、4月3日に発症されていたのですね。

4月6日に急変、緊急入院していたということですから、2週間以上もの長期間、懸命に新型コロナウイルスと闘っていらしたことが分かります。

岡江久美子さんの体調が元々あまりよくなかったということかもしれませんが、これほど長く闘っても改善が見られないことがあるのだと、非常に衝撃的でしたね。。




岡江久美子、乳がん闘病の新型コロナウイルスへの影響は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tita(@2003springnine)がシェアした投稿

岡江久美子さんが、初期の乳がんを患ったのは昨年のこと。

以下のように闘病されていました。

  • 2019年年末:初期乳がん摘出手術
  • 2020年1月末~2月半ば:放射線治療

「乳がん手術によって免疫力が下がっていた」と報道されていましたが、乳がん手術自体はもちろん、特にその後の放射線治療が免疫力を下げてしまっていたようです。

放射線治療とは、名称通り、放射線によってがん細胞を死滅させることを目的とした治療。

放射線ががん細胞にあたると、DNAを傷つけます。

DNAの損傷を多くすることで細胞修復ができなくなり、がん細胞が死に至ることになります。

とはいえ、放射線治療は2月半ばで終了していたはずです。

さらにこのような放射線治療と免疫力低下の関係について、調べてみましたが、なかなか明確な事実関係の情報を見つけることができませんでした。

トコ
トコ
でも一般的に、放射線治療で免疫力が下がると言われていますね。

一方で、「免疫力低下でがんが発症しやすい」という情報もありました。

「がん治療では手術で悪性腫瘍(がん)を切除しようとしても、がん細胞を完全に取り除けない場合があります。そのため再発・転移の予防として、術後に一定期間、抗がん剤や放射線を使ったがん療法がよく行われます。しかし、患者さんの免疫力が健全な状態でないと、その効果が十分に得られないのです」

岡江久美子さんはもともと免疫力が下がっていて、がんや新型コロナに感染してしまったという説も考えられるようです。

そもそも放射線治療をするほどだったということは、乳がんも初期ではなかったのかもしれませんね。

止まらない!岡江久美子さんを悼む声がたくさん




まとめ:岡江久美子、乳がん手術で免疫力が下がっていたのは本当?新型コロナ重症化の要因?

明るい笑顔と優しいコメントで多くの人を和ませてくれていた、岡江久美子さん。

発症時点でPCR検査がされて、新型コロナ感染者として入院できていたら違った結果が待っていたのではと思ってしまいますね。

志村けんさんに続いて岡江久美子さんまで。

免疫力がもともと低いと分かっていた方が、新型コロナ感染疑いの症状があるような場合には、もう少し早めの対応ができたらと願ってなりません。




よく読まれている記事