ニュース

中小企業の固定資産税軽減はいつから?コロナへの対策は十分なのか

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、緊急経済対策として中小企業の支援策が検討されていることがわかりました。

現段階では設備などにかかる固定資産税を軽減する案が検討されています。

  • 中小企業の固定資産税軽減はいつから?
  • この政策へのSNSの意見は?
  • 他にも対策はあるのか?

気になる情報を紹介していきます。

中小企業の固定資産税軽減はいつから?

具体的な日程はまだ決まっていませんが、4月にも案が通る見込みとのことです。

トコ
トコ
どちらにせよ、中小企業の方たちにとって良い方向に行くことを願います。




中小企業の固定資産税軽減はみんなの意見は?

トコ
トコ
たしかに設備がない会社にとってはメリットないですもんね。

トコ
トコ
個別助成金より事務的には良さそうという意見

トコ
トコ
算定額からみて土地からとりくむべきではとの意見

トコ
トコ
設備がそもそも不動産オーナーのものである場合は関係なくなってしまうかもしれませんね。

トコ
トコ
たしかに設備といえば資金がないと所有できませんものね

今回、いろんな意見があったと思いますが実際に当事者ではない方からは平等ではないという意見が多かったように思います。

平等にするならば、所得税・消費税から対策した方が有意義なのではないかという意見もありました。

設備をそもそも沢山持ってる会社にとっては、まさに朗報ですが…

果たして経済回復のためにはどちらが良いのでしょうか。

また固定資産税減税より、今は設備投資の補助の方が良いのではないかという意見もありました。

どちらにせよ。当事者の方たちがコロナの影響から守るため色々な角度からの支援が必要になのかなと思います。




中小企業の固定資産税軽減のほかに緊急経済対策はあるの?

現在のところ中小企業への発表はまだありませんが4月以降に発表になるかも知れません。

さらに質の良い中小企業への対策が発表になることを望みます。

全体では

  • キャッシュレス決算のポイント還元率を15%〜20%に引き上げ
  • 子育て世帯に現金給付案

このような対策案も現在は出ています。

キャッシュレス決算のポイント還元率がここまで良いと小売りをされているかたなどはもしかしたらチャンスになるかもしれませんね。

また子育て世帯に向けたサービス等も考えられます。

情報に敏感になりすぐに対策をするのも今後一つ大事になってくるのではないでしょうか。




中小企業の固定資産税軽減はいつから?【まとめ】

中小企業の方にとって最近では軽減税率による事務負担があったりなど色々なところで負担になってるいるなか、今回のコロナの影響により、どれだけの負担・苦悩があるかと思うと心が痛みます。

また、それに対しての政策も情報が飛び交うなかで、しっかりと情報をキャッチしていかなければならないことが多いのではないでしょうか。

今後も中小企業への対策、緊急支援対策含め当サイトで紹介していければと思います。




国民1人10万円が給付される?!その内訳は?誰がどのくらいもらえる?新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、緊急経済対策の概要が3月12日に判明しました。 国民に1人あたり10万円の給付するなど...
よく読まれている記事