フード

リッツカールトン東京「タワーズ」でブランチ!驚きの卵料理

リッツカールトン東京タワーズ

リッツカールトン東京「タワーズ」のブランチってどんな?

リッツカールトン東京の45階にある「タワーズ」。

宿泊者の朝食ビュッフェの時間帯のあとは、ブランチメニューが始まります。

リッツといえば、サービスがすごい事で有名ですよね。

働いてる人全員のポケットには、リッツのおもてなしの精神を記したクレドが必ず入っているとか!

リッツカールトン東京「タワーズ」のブランチも味、サービス共に満点でした。

リッツカールトン東京「タワーズ」でブランチの感想を書きます!

リッツカールトン東京「タワーズ」のブランチの感想

リッツカールトン東京「タワーズ」は、エレベーターを降りて、右奥にあります。

レストランの階がロビーラウンジと同じ階にあり、「タワーズ」と「」の入り口は同じです。

「タワーズ」の魅力はなんといっても、景色!

高層階からの眺めは、夜景でなくともとてもキレイで、ゆっくりリラックスして食事を楽しむことができます。

リッツカールトン東京タワーズ眺め

私が行った日は、晴れていて、日差しが適度にそそぎこんで、とても気分がいいお席でした。

ブランチには、ウェルカムドリンクがついていて、ノンアルコールとアルコールどちらかを選択します。

飲み物を注文したら、さっそく前菜が運ばれてきました。

リッツカールトン東京タワーズ前菜

芸術的!

ブランチなので、卵料理をチョイスします。

メニューを見ると

  • スクランブルエッグ
  • ポーチドエッグ

など、定番っぽい料理名なのに、驚きの卵料理が運ばれてきました。

リッツカールトン東京ブランチ卵

そ、想像と違いすぎるw

朝食は普通の卵料理なのかな?

ブランチならではの卵料理をいただくことができて、新鮮でした。

連れが頼んでいた、卵料理はこちら。

リッツカールトン東京タワーズブランチ卵料理

これも普通の卵料理ではない、豪華な見た目ですよね。

メインはお肉、魚、ベジタリアン用の中から選ぶことができます。

「大椎茸」がメインにあったので、めずらしいなと思ったら、それはベジタリアンの方用のメニューでした。

私はお魚をチョイス。

20代前半まではなんでも「肉」一択でしたが、だんだん「魚」一択になってきましたw

リッツカールトン東京タワーズブランチメイン

デザートはワゴンが運ばれてきて、その中から好きなものを1つ選ぶことができます。

ワゴンではなく、「スイーツトローリー」と言うそう。

私が選んだのは、チーズクリームのエクレア。

甘すぎず、まわりのシューはさくさくでとても上品な味でした。

リッツカールトン東京タワーズデザート

口コミを調べていると、キッズメニューは「おにぎり」も存在していますね。

赤ちゃんやお子様連れも何人かいたので、子連れでも気兼ねなく行くことができそうです。

リッツカールトン東京「タワーズ」のブランチの予約

リッツカールトン東京「タワーズ」のブランチには予約が必須です。

今回、私は「一休」を使って予約しました。

リッツカールトン東京「タワーズ」には、一休限定の割引プランが存在します。

一休はタイムセールが目玉なので、タイムセール時に予約すると2000円割引など、さらに特典がつくことも!

なので確実に一休からの予約が一番お得。

前日の予約でもまだ空きがあったりするので、ホテルランチやミシュラン店にいくときは、必ず一休に載っているかチェックしてから、予約するのがおすすめですよ。

 

よく読まれている記事